クヴァルネル地方

クヴァルネル地方

森林におおわれたかぐわしい島々を越え ゴルスキ・コタルの山々や河川、湖

このエリアは、八つの観光ゾーンにわけられ、それぞれ、アクティブな休暇を過ごせるさまざまなオプションや、多様な地形構造のほか、マーキング設備の有無の両方があるサイクリングルートの拠点などがあります。また、宿泊や食事ができる各種施設、日帰りツアーからその他のサービスにいたるまで、あらゆるサービスが提供されています。さらに、ザグレブ-カルロヴァツ-デルニツェ-リエカ間には鉄道サービスが、リエカとクヴァルネル地方の島々のあいだには、船舶交通サービスの公共交通インフラも整っています。クロアチアの内陸部と海岸部の橋渡しとしてのこのエリアの特色として、マウンテンバイクむけのすばらしいサイクリングルートのネットワークがあり、手つかずの自然や、断崖、見晴らし地点が楽しめるオフロード好き向けに最適なエリアです。

 

ここには、ゴルスキ・コタルGorski Kotar自転車横断道と、環リエカ自転車横断道という、特に興味をそそる横断サイクリングルートが二つあります。ゴルスキ・コタル自転車横断道は、ゴルスキ・コタル地方の自然・文化・歴史アトラクションのすべてを結ぶルート。交通量が少ない現存する林道や地方道路を結んだコースで、このなかには、カロライナ道、ジョセフィーナ道およびルイジヤナ道といった18世紀から19世紀の建築遺産を特徴づける三本の歴史的な道路も含まれています。この横断コースは総距離260キロで、一日あたり28キロから43キロの7つのステージに分かれています。さらに、周辺の九つのコースをつなぎ合わせると、総距離400キロ以上、合計獲得標高が五千メートルにも及ぶ壮大なサイクリングコースとなります。このコースは、緑が深く生い茂るなかを通り抜けるユニークな二輪走行を体感でき、ゴルスキ・コタルで数日間のアクティブな休暇を計画することができるため、自然とマウンテンバイクの愛好家に、特におすすめです。

 

もうひとつの環リエカ自転車横断道は、リエカ市とその周辺をとりまく八つもの町や集落をめぐる総距離63キロメートルのコースで、さまざまなアトラクションやみどころにあふれています。体力に自信がある人なら、一日だけのサイクリングで完走することができますが、その魅力を満喫するには、数日かけて走破するのがおすすめ。それは、この横断道には、百キロ以上にわたる別のコースを、さまざまに組み合わせることができるからです。魅力にあふれる地形構造と、海抜レベルから山道までをカバーする標高差、2020年ヨーロッパ文化首都をホストするリエカ市のユニークな眺望を望む山頂など、この自転車横断道は、思い出に残る体験が満載で、プリモリェ-ゴルスキ・コタル地方沿いのさまざまなコントラストのすべてを対比して堪能することができます。

TZO Baška

クヴァルネル地方では、クルクKrk島、ラブRab島、ツレスCres島、ロシニュLošinjを舞台に、クロアチアでもっとも有名なマウンテンバイク・ステージレース、四島マウンテンバイク・ステージレースが開催されます。4月に開催されるこのレースのコースはとても過酷なため、とりわけ情熱的で、熟練し、スキルの高いマウンテンバイクレーサーたちが参加することでも知られています。さらに、この四島には、美しい風景や場所を通り抜ける魅力あふれるサイクリングコースがあるため、このレースは、とびきりオリジナルで比類ないレースとしても知られています。

2018年4月、ロシニュ島では、UCIマウンテンバイク・ダウンヒル世界選手権2018が開催され、スヴェティ(聖)イヴァンSv. Ivanの丘からヴェリ・ロシニュVeli Lošinjにむかうマウンテンバイクのダウンヒルレースが展開されました。

デルニツェDelniceそばのリスニャックRisnjak国立公園と、オパティヤ上方に位置するウチュカUčka自然公園は、手つかずのままの自然に囲まれて過ごすことができる二つの自然保護区。いずれの公園でも、マウンテンバイクをレンタルすることができ、傾斜が厳しいウチュカ山からは、クヴァルネル湾と島々のもっとも美しい光景を満喫することができます。総距離180キロにおよぶさまざまなカテゴリーのマーキングが整備された八本のルートを走行する忘れがたい瞬間を楽しむのに、電動マウンテンバイクを利用することもできます。

 

リエカ市は、2020年ヨーロッパ文化首都に選出された町。その枠組みで提供される文化プログラムのひとつに、クロアチアを代表する由緒正しい貴族のゆたかな遺産をたどるフランコパンFrankopan家ルートがあります。このルートでは、クルク島からヴィノドルVinodolを越えてゴルスキ・コタルへ至る17の中世街と三つ宗教施設をつないでいます。この歴史的物語のすべてを知るには、クラリェヴィツァKraljevica城のビジターセンターからスタートするのが最適です。

 

クラリェヴィツァまで来たなら、このエリアのサイクリング探検の最後をかざるとっておきのお楽しみは、ツリクヴェニツァCrikvenicaリビエラ自転車道、ノヴィ・ヴィノドルスキNovi Vinodolski自転車道、そしてその魅力的な後背地のヴィノドルVinodol自転車道です。ここには、レクリエーションとして楽しむサイクリスト向きのコースから、もっと過酷でチャレンジングなコース、さらにはトップアスリートやマウンテンバイク愛好家向けにユニークな体験を楽しめるコースまで、およそ三百キロメートルにおよぶさまざまなサイクリングコースがあります。

 

全コースを並べて比べ、一番お好みのコースを選んでください!あらゆるものに抱かれ、安全なサイクリングを心ゆくまで存分に楽しんでください!